アクセス解析
カウンター

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

探偵ナイトスクープ

1988年にスタートし、現在も関西と中心に人気を誇るバラエティー番組「探偵!ナイトスクープ」。

一見無謀な視聴者からの依頼に対し、お笑い芸人扮する探偵が出向いて依頼を解決するというスタイルを20年近く続けている長寿番組である。

そんな長寿番組に寄せられた大量の依頼の中でただ一つだけ「捜査打ち切り」になったものがあるという。


(以下は2ちゃんねるのナイトスクープのビニールひも事件スレッドより抜粋)

それは1992年2月~3月頃に起こった。

大阪の鴻池新田界隈のガードレールや電柱に、梱包用の硬いビニールひもが多数 くくりつけてあるという。
一体誰が何の意味でやってるのか 全く不明。この不思議な事件(事件というほどのもんでもないが)
の依頼を受け、「探偵ナイトスクープ」が動いた。(ちなみに放送日は1992年3月20日)
この事件の探偵はトミーズ雅で、彼は早速現地に飛んだ。

現地では確かにビニールひもがかなりいろいろな場所にくくられており、
かなり張り込んで朝まで調査したものの、ひもは 増え続けたらしい。

ものの10分前に通った時には何にもなかった とこにひもが現れたりするなど、
普段の依頼と違う不気味さにスタ ジオの空気も変わってきたそうだ。

そして、最後はとあるガソリンスタンドの裏に数百本のひもがくくられているのが見つかり、スタジオは悲鳴・・・。

結局、番組史上唯一の 「捜査打ち切り」になってしまい、しかも「以後本件に関する情報は 一切受け付けません」というテロップが出たそうだ。

放送当時、うわさとしては立て看板をしばるためのひもではないかという意見が多かったそうだが、
この近所の人が 言うには、「うちの前の電信柱にも硬質のひもがくくられてたが、今まで一度もこの電信柱には
立て看板がかかったことはない。」
・・・との意見もある・・・。

また、ナイトスクープに出ているタレントが自分のラジオ番組内で、「ああいう結界の張り方があるらしい」と話していたといううわさもある。

また、放送の後、役所の人がそこにあった何百ものヒモを全部回収したそうです。
結局、誰が何の為にやったのかはまだ不明。




…実際は、くくりつけている人が判明したそうである。

「どうして、ビニールひもでくくるの?」
「なんのためにこんなことするの?」
と聞かれても


「わからへんでも、くくらなあかんねん、、、、」
スポンサーサイト
2013-01-15 : 放送禁止系都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ウルトラセブン

ウルトラセブン第12話「遊星より愛をこめて」は特撮・ドラマ関係ではもっとも有名な放送禁止作品である。

本放送から2年ほどは何の問題もなく再放送もされていたが、1970年に発売された小学2年生のフロクとしてつけられた「怪獣決戦カード」が問題となったのである。

12話に登場したスペル星人の内容
『スペル星人:ひばくせい人・(おもさ百キロ~一万トン)・目からあやしい光を出す』

弟が持っていたこのカードに注目した姉が被爆関係者団体の父親に見せたことから一気に放送禁止に向かったという。

円谷プロではなく小学館が出した「怪獣決戦カード」の記述だけが話題になり、内容についてはほとんど語られることはなく、新聞などでも騒がれたために無関係ともいえる円谷プロはこの回の放送を封印したという。

これ以降、「遊星より愛をこめて」に関する映像や写真も公表されることはなくなった(部分的な写真が載せられることはあったようである。)


******
アメリカでの放送などを録画したものがオークションで出回るなどしているので、見る気さえあれば割と簡単に見ることが出来るようである。
放送禁止・封印といた対応が逆に該当作品を有名にしてしまった例。


2008-04-30 : 放送禁止系都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ホネホネロック

少し昔の年代の人にはなじみの深いホネホネロックであるが、これもいまでは放送禁止作品である。

歌詞に「人喰い酋長」が出ているために放送できなくなってしまったという。
現在では「ジャングル酋長」に歌詞が改められている。
2008-04-30 : 放送禁止系都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

シンプソンズ

シンプソンズって何?という人でも何年か前にCCレモンのCMキャラクターになった
黄色い家族といえば分かる人もいるだろう。
シンプソンズは89年に放送が始まったアメリカ生まれのテレビアニメのキャラクター。
日本でも一部の地方局などで放送されたこともあるが、内容は残酷な表現ときわどいブラックユーモア満載のため、アメリカでは大人向けのイメージを持たれている。

この作品の中で日本では放送禁止と思われているエピソードがある。

それはシンプソンズ一家が日本へ旅行にやってくるエピソードであるが、
日本で相撲を見ていたホーマー(一家の父親です)が展覧に来ていた天皇陛下をなんと
廻しの山へ投げ飛ばすという荒業をやってのけたため、現在日本での放送は控えているという。


******
天皇陛下に加えて同エピソードではポケモンフラッシュ(放送を見て気分が悪くなり病院へ行った人が続出した事件)をネタにしたりするなど、一部の日本人から悪印象を持たれかねない小ネタが使われている。
2008-04-30 : 放送禁止系都市伝説 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム
カスタム検索

プロフィール

toshidensetu

Author:toshidensetu
都市伝説をお楽しみください。

公式ツイッターはじめました。
@toshidensetu 
フォロー宜しくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。