アクセス解析
カウンター

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

小指探し

夢の話。



深い霧が立ち込める門の前でおばあさんが探しものをしている。


おばあさんは一生懸命な様子で何かを探している。

「なにを探しているのですか?」
と聞くと、おばあさんは
「小指を探している」
と言う。

おばあさんの左手を見ると確かに小指がない。


「一緒に探してくれるかい?」



「はい」と答えてしまうと、小指探しが始まる。


まず門を開けて深い森に立ち入ると、二股の道があるので右の道を進む。


森に囲まれた道をどんどん進んで行くと三股の道が見えて来るので、中央の道を進む。


更に進むと泉が見えて来る。

泉のほとりには変わった形の丸太小屋が建っている。


丸太小屋には3つのドアがあるので、向かって一番左のドアから中に入る。


中に入ると木製のテーブルが据えられていて、その上にはおばあさんの小指が載った小皿が置いてある。




小指を見つけたら、それを右手で持ち上げて、左のズボンのポケットに入れて急いでおばあさんの元へ届けなければならない。

来た道を順番通りに戻って、夜が明ける前に小指を届ける。


もしも小指を届けることができなかったり、小指を探す手順を間違えてしまうと、そのまま目を覚ますことがないという。


この話を聞いてしまうと、1週間以内に必ずこの夢を見るという。
2012-06-04 : 聞いてはいけない話 : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム
カスタム検索

プロフィール

toshidensetu

Author:toshidensetu
都市伝説をお楽しみください。

公式ツイッターはじめました。
@toshidensetu 
フォロー宜しくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。