アクセス解析
カウンター

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

彼氏からのメール

あるマンションに若い女性が一人で住んでいました。
彼女には、交際して2年の彼氏がいました。
いつかは結婚もありえるくらい交際は順調でした。





ある日の晩に彼氏からメールがきました。
『今から家に行っていい?』
あまりに急でしたが、明日は仕事も休みなので彼女は『いいよ』と返事をしました。

数分後、また彼氏からメールが

『タクシーで行きたいけど正確な住所が分からないから教えて』

彼女は、詳しい住所を彼氏にメールしました。

しばらくしてまた彼氏からメールが

『ちょっと遅くなる。先に寝てていいから鍵開けておいて』

彼女は言われるがままに、
玄関の鍵を開けてベッドに横になり、彼を待つことにしました。

どのくらい時間がたったのか…
人の気配に目を覚ました彼女が見たものは


見知らぬ男が鋭いナイフを自分に振りかざす瞬間だった。



彼氏がケータイを落とし、
ソレを拾った変質者がメールのやり取りをみて
彼女の存在を確認し、彼氏になりすまして彼女の住所を聞き出して殺しにきたのでした。
2008-03-11 : ゾッとする話 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
↑おなじこと思った笑
2014-05-16 14:30 : URL : 編集
まず、殺人の動機はなんなんだね
2013-03-08 13:04 : 荒らし内閣委員会からきました URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム
カスタム検索

プロフィール

toshidensetu

Author:toshidensetu
都市伝説をお楽しみください。

公式ツイッターはじめました。
@toshidensetu 
フォロー宜しくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。