アクセス解析
カウンター

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

特別料理

旅行の好きな白人夫婦がいた。
二人には子供がいなかったが、かわりにとても大事にしている犬がいた。
旅行先でもその犬を連れて出歩くのが常だった。

夫婦はアジアのとある国へやってきた。
ついた日の夜、二人は犬を連れて街を歩きガイドブックにも載っている有名レストランへやってきた。

いつものようにレストランに入ると犬を預け席に着いた。
ウエイトレスからメニューを渡されたが二人はこの国言葉はよくわからずメニューがわからなかった。
しかたがないのでボディーランゲージを使ってとにかくおいしい料理を出してくれとウレイトレスにオーダーし待つことにした。

しばらくして運ばれてきたメニューはとてもおいしく二人はしきりに感心した。
数多くの国や地域を旅してきたがこれほど美味な料理を食べたのはじめてだった。
ウエイトレスにも肉料理を絶賛してチップも弾んだ。

そして会計を済ませると預けておいた犬を返してほしいと店員に伝えるが、店員のほうは何を言ってるのか?という表情をして、困惑しているようだった。

要領の得ない話し合いが続いたが、たまりかねた店員がゆっくりと身振り手振りで説明を始めた。


あなたたち・犬・さっき・料理・切る・焼く・
出す・あなたたち・食べる・喜ぶ・チップくれる……


夫婦が入り口で預けた愛犬は、おいしく調理され、特別料理としてだされたのだった。

2008-05-02 : 海外系都市伝説 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

最初の方でオチが読めた。
2012-01-16 19:50 : URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »
カスタム検索

プロフィール

toshidensetu

Author:toshidensetu
都市伝説をお楽しみください。

公式ツイッターはじめました。
@toshidensetu 
フォロー宜しくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。