アクセス解析
カウンター

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ジョジョの奇妙な冒険第3部の都市伝説

国民的人気を誇るマンガ、「ジョジョの奇妙な冒険」。
この第3部に、なんとあの「9.11同時多発テロ事件」を連想させるものがあるという。

問題の場面は第20巻の「オインゴとボインゴ」の話。

その中で、『男は首が電柱に突き刺さって死んでしまいましたー。』のページの
電柱に突き刺さって死んでいる男の服に『911』の文字が描かれている。

その背後では、不気味に笑う飛行機イスラムシンボルである「月」が描かれている。
男が死んだ時間(午前10時30分)は貿易センタービルが倒壊した時間と一致する。
さらに、それがよりによって「予言のスタンド」に載っているという奇妙な偶然。

「911」は元々、アメリカではレスキューを呼ぶときに使う番号なので、それが頭の中にインスピレーションとして入ってきたとも言えるが、なぜその数字にしようと思ったのか。
よくある(ROUTE)66とか、単純に1とかでも良かったと思うが、無意識からやってきた予言的なインスピレーションと言える。

また、午前10時30分なのに月が描かれている点も不自然
あの事件が起こったがために、それまで何気なしに読まれていたページが注目を浴びる結果となったが、荒木飛呂彦は無意識のうちに、あの事件を予言していたというのだろうか。
2014-06-26 : アニメ・漫画系都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
カスタム検索

プロフィール

toshidensetu

Author:toshidensetu
都市伝説をお楽しみください。

公式ツイッターはじめました。
@toshidensetu 
フォロー宜しくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。