アクセス解析
カウンター

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ひきこさん

昔、「森妃姫子」という背が高い女の子がいた。
彼女は良い子だった為、先生からもひいきされる対象だった。

しかし同級生に学校でいじめられるようになり、自宅でも親からの虐待に苦しむ毎日を送るようになった。

特に学校ではいじめっ子たちから
「先生ひいきばかりされやがって!そんなにひっぱってほしいのかい?ひいきのひきこ、ひっぱってやる。」
ひきこと呼ばれいじめられる中、ある日、手を縛られいじめっ子たちに足をつかまれて学校中を引き回される事件があった。
ひきこさんは廊下の角などに顔をぶつけたり、切ったり、クラスへ戻ってきたときには顔はまるでお化けのようになってしまった。

それからひきこさんは学校へ行かなくなり、家にひきこもるようになった。
しかし今度は酒乱の父親とそれに同調する母親から家でも虐待を受け、学校と同じように引きずりまわされたが、それでもひきこさんは、家の家具にしがみつき、酷いいじめの待つ学校へは決して行こうとはしなかった。
そしてそのまま部屋に閉じこもったまま、部屋から出ようとしなくなった。

「学校へ行かないから飯などやるものか!」
怒った両親はひきこさんにご飯を与えることをやめた。

数日後、なんの音沙汰もない部屋を不審に思った両親が部屋を覗いてみると、なんとそこには虫を食べるひきこさんの姿があった。
気持ち悪く思った両親は、おにぎりと水をだけをひきこさんに与え、部屋に閉じ込めたままにした。



ひきこさんは雨が好きだった。
醜いヒキガエルは自分の醜さを忘れ去れてくれるようで、

それからひきこさんは雨の日は引きこもっている家を抜け出して、

小学生たちを襲うようになった。



ひきこさんが現れるのは雨の日だけで、小学校の近くの出没しては傘で視界の狭くなった小学生に襲い掛かってくる。

小学生を見つけると「私は醜いかぁ~!!」と叫びながら全速力で追いかけてくる。
もし追いつかれてしまうと、足を持たれて地面を引きずられ、その手は次の小学生を見つけるまでは絶対に離してはくれないという。

そして次の小学生が見つかるころには、ひきこさんの手には変わり果てた肉の塊があるという。

2008-03-21 : ゾッとする話 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

小学生ではなく自分を虐めた人達へやれよと思うわ

それが出来ないから自分よりも弱い小学生を狙うとかヒキコ性格歪み過ぎだろ

しかも調子に乗り過ぎて「私は醜いかぁ〜!」とか、それ同級生にやってみろよと。
2013-03-08 12:57 : 荒らし内閣委員会からきました URL : 編集

私が聞いたひきこさんとは、
話の内容がだいぶ違います。


2012-07-09 16:58 : みこ URL : 編集
No title
>ひきこと呼ばれいじめられる中

これはいじめではないよね
ただ名前呼ばれてるだけ
話自体は怖いですが、ひいきくらいで妬んで嫌な同級生


昔はトイレの花子さんでしたが
いじめ、虐待、ひきこもりと時代を感じますね
2011-10-15 00:12 : まく URL : 編集
イジメはよくないな
この子がかわいそすぎる、
2011-03-31 07:16 : URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »
カスタム検索

プロフィール

toshidensetu

Author:toshidensetu
都市伝説をお楽しみください。

公式ツイッターはじめました。
@toshidensetu 
フォロー宜しくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。