アクセス解析
カウンター

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

はないちもんめ

勝って嬉しい はないちもんめ

負けて悔しい はないちもんめ

あの子が欲しい あの子じゃわからん

この子が欲しい この子じゃわからん

そうだんしよう そうしよう 






童謡で有名な『はないちもんめ』

これは「人身売買」を歌った歌である。


貧しい家庭では、口減らしの為、子供を売っていた。
「子供が欲しい」
と、人買いがやってくる。

子供は男性相手の楼閣に売られる為に買われていくのである。


人買いは「あの子が一匁(いちもん)で欲しい」と言う。

親は「あの子は一匁では安すぎる。代わりにこの子ではどうか?」と、別の子を。

(あの子じゃわからんの「わからん」はまけられないという意味。)


相談の末、人買いは安く子供を買うことができたので

「買ってうれしい(安く買えて嬉しい) はないちもんめ」

親は安くまけられてしまったので

「まけて(まけられて)悔しいはないちもんめ」


女の子は安く売られた後、さらにそこから男性相手の花街へと売られていくのである。



*****
はないちもんめは地方によって出だしや歌詞の内容に違いがある。
ちなみに関西バージョンの出だしは『タンス長持ちどの子が欲しい?』と始まる。


▼はないちもんめについてもっと詳しく▼
wikipedia都市伝説はココで。


2008-03-28 : 童謡系都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
カスタム検索

プロフィール

toshidensetu

Author:toshidensetu
都市伝説をお楽しみください。

公式ツイッターはじめました。
@toshidensetu 
フォロー宜しくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。