アクセス解析
カウンター

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

しゃぼん玉

1.
しゃぼん玉とんだ
屋根までとんだ
屋根までとんで
こわれて消えた

2.
しゃぼん玉きえた
飛ばずに消えた
うまれてすぐに
こわれて消えた

3.
風風(かぜかぜ)吹くな
しゃぼん玉とばそ

野口雨情・作詞、中山晋平・作曲の「しゃぼん玉」

実はこの曲には悲しいストーリーが存在する。

このしゃぼん玉というのは作詞をした野口雨情の夭逝した娘を歌ったものである。
特に2番はそれを歌ったもので、1番では屋根まで(つまり無事に成人できた)飛んだものが、生まれてすぐに壊れて消えた(生まれてすぐに亡くなってしまった)というストレートな歌詞で表現されている。


******
童謡系都市伝説の中で、様々なものがあるがこれは実話である。
2008-04-20 : 童謡系都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
カスタム検索

プロフィール

toshidensetu

Author:toshidensetu
都市伝説をお楽しみください。

公式ツイッターはじめました。
@toshidensetu 
フォロー宜しくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。