アクセス解析
カウンター

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

赤い靴

赤い靴 はいてた 女の子
異人さんに つれられて 行っちゃった
横浜の 埠頭(はとば)から 船に乗って
異人さんに つれられて 行っちゃった
今では 青い目に なっちゃって
異人さんの お国に いるんだろう
赤い靴 見るたび 考える
異人さんに 逢うたび 考える


この歌詞の一節に「異人さんに連れられて行っちゃった」というものがあるが、
これは誘拐のことをさしている。
当時の日本人の少女をさらって、海外に売り飛ばす悪質な誘拐犯に用心をという意味をこめて歌われた歌である。


******
赤い靴は1922年に童謡作詞家、野口雨情が作詞をして発表したものである。
この話は実話がモデルとなっている。
岩崎かよという女性の娘、きみが赤い靴の少女のモデルである。
かよは北海道へ仕事の為に渡るが、2歳になるきみを慣れない土地で育てる自信がなかった。
そのためにかよはアメリカ人の宣教師にきみを預けることにする。
その後きみは体調を崩してしまい、宣教師から都内になる養護施設へ預けられてしまう。
結局きみは、母に会うこともなくわずか9歳でなくなってしまったという。


▼赤い靴についてもっと詳しく▼
wikipedia都市伝説一覧はココで。
2008-04-20 : 童謡系都市伝説 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

これは戦時中の歌ですよ!
2012-12-15 20:28 : URL : 編集
No title
なんて悲しい歌なんだ・・・・
サッちゃんはメチャ怖いけど
赤い靴はメチャ悲しいな・・・・・
2011-10-11 18:30 : フハハハーン URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »
カスタム検索

プロフィール

toshidensetu

Author:toshidensetu
都市伝説をお楽しみください。

公式ツイッターはじめました。
@toshidensetu 
フォロー宜しくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。