アクセス解析
カウンター

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

サザエさん最終回 その3

ある日の昼下がり、磯野家に荷物が届いた。

カツオが箱を開けようとするが、父さんが帰ってから開けるとサザエ。
おあずけをくらったカツオは野球をしに遊びにでかけた。
その日の夜。
波平が帰宅し一家全員が茶の間にそろういつもの場面である。

荷物の送り人にも心当たりのない波平。開けてみると青い玉手箱が入っており、一緒に『閉めきった部屋の中央に置きコップ一杯の水を入れてください』との説明書が入っていた。

説明書通りに水を入れると瞬間的に白い煙が部屋中に広がった。
みんなは煙を吸い込み気を失った。
いつしか白煙は消え朝になっていた。

最初に気が付いたのはカツオ。
目の前の光景に唖然とした。
ワカメ、タラちゃんの姿が見当たらず、横たわる二つの白骨死体があった。
大きさからして子供の物ではない、成人の物である。

カツオは急に思いたったように洗面所に走った。
鏡の中に映ったのはマスオの姿だった。
それは数歳年をとりマスオ似の大人に成長したカツオだったのである。

白い煙の意味を理解したカツオは茶の間に戻った。

それぞれ年をとり
カツオ似に成長したタラちゃん、
サザエ似に成長したワカメ、
波平似に老いたマスオ、
そして、フネ似に老いたサザエがそこにいた。
二体の白骨死体こそ寿命を超えるほど年を取り過ぎ白骨化した波平とフネの姿であった。

「しかし現実に目覚めるにしちゃぁ歳の取りかたが中途半端だなぁ。」
カツオが疑問に思ったその瞬間である。
ピンポーン。
「こんにちは、宅急便です!」
次の玉手箱が届いたのである。



▼サザエさん最終回についてもっと詳しく▼
wikipedia都市伝説一覧はココで。
2008-04-22 : アニメ・漫画系都市伝説 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
この話は初めて見た!
2011-05-18 09:29 : URL : 編集
!!
>>使者 さん
確かに!今考えるとそーですね!そう考えると少しまた別の怖さがありますね。
まぁ、マスオさんだけ知らないオジサンになってもそれはそれで恐いですけど。
2011-04-17 00:06 : 都死娘 URL : 編集
マスオ似のカツオ
2010-08-20 16:27 : URL : 編集
カツオ似に成長したタラちゃん、
サザエ似に成長したワカメ、
フネ似に老いたサザエ

・・は分かるけど。

波平似に老いたマスオ、 っておかしくないですか。。
だってマスオって婿養子で血縁関係ないです・・よね?

怖いねww
2010-01-07 10:52 : 使者 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »
カスタム検索

プロフィール

toshidensetu

Author:toshidensetu
都市伝説をお楽しみください。

公式ツイッターはじめました。
@toshidensetu 
フォロー宜しくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。