アクセス解析
カウンター

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

呪いのサイト

サイト検索をしていると出てくる事があると言われている呪いのサイトがあるらしい。

聞いた話では鳥居の写真があり、同じ鳥居を見つけられないと呪われて不幸になるらしいので注意が必要だ。

何気なくサイト検索してる時に偶然にも、そのサイトは出てくるらしい。

どこかの鳥居の写真と意味不明な記号などの羅列が特徴である。

しかも、URLをしょっちゅう変えているらしくタチが悪い。
写真と同じ鳥居を見つけられなかった場合は恐ろしい不幸が降りかかるらしい。
2011-11-27 : 都市伝説・その他 : コメント : 13 : トラックバック : 0
Pagetop

ウォーリーをさがせ!

皆さんは「ウォーリーをさがせ!」という本をご存じだろうか?

大勢の群衆が描かれているページの中から、赤と白の横じま模様のシャツに眼鏡をかけた「ウォーリー」を見つけ出して楽しむ、1990年頃に世界中で大ブームを巻き起こした絵本のことである。


しかし、この「ウォーリーをさがせ!」にはある恐ろしい秘密が隠されているという。

今から30年ほど前のイギリスで、8才の男の子が行方不明となり、その後、無残な遺体として発見されるという痛ましい事件が起こった。

その後、警察の必死の捜査により、一人の男が犯人として逮捕された。

男の名前は「ジム・ジャック」。

過去に、20名以上もの子供達を殺害していた精神異常者であった。

裁判の結果、「ジム」には責任能力が無いと判断され、警察の精神病院に収容されることとなった。
しかしそれから数年後、「ジム」は病院から脱走した。
再び指名手配されたものの、現在もその行方は分からぬままであるという。

それからしばらく経ち、ある一冊の絵本が出版された。
それには、脱走した「ジム」を一早く捜し出し、十分に注意をしなければならないという警告が込められているという。

そう、その絵本こそが後に世界中でブームを巻き起こした「ウォーリーをさがせ!」であったのだ。

「ウォーリー」は脱走した「ジム」のことを表し、チャームポイントである赤と白の横じま模様のシャツは、当時イギリスで精神異常の囚人に着せていた赤い囚人服そのものであるという。
2011-09-29 : 都市伝説・その他 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop

最も怖い話

夏休みのある日、4人の若者が海外旅行に行き、有名な超高層ホテルに泊まることになった。

しかも、彼らが宿泊する部屋は見晴らしの良い100階で、4人はとても大喜びだった。

その夜、4人の若者達が繁華街へ遊びに行こうとフロントにカギを預けた時、支配人から
「今日はエレベーターのメンテナンスを行う日ですので、午前0時までには帰って来て下さい。それ以降は朝までエレベーターは使えませんので」
と言われた。

ところが、4人はそんなこともすっかり忘れて遊びすぎてしまい、ホテルに帰って来たのは深夜1時頃であった。

案の定、全てのエレベーターが停止していたため、仕方なく階段を使って部屋のある100階まで昇って行くことになった。

100階まで普通に階段を昇るのもつまらないので、1人が
「恐い話をしながら1階ずつ昇って行こう」
と言い出した。

それにはみんなも賛成し、4人で順番に怖い話をしながら階段を昇っていくことになった。
4人は疲れも忘れて怖い話に盛り上がり、あっという間に99階まで到達した。

「ふぅ、次で最後か。最後の話は俺だな。いいか、これはマジで怖いからみんな腰を抜かすなよ」

最後に話すこととなった1人が急に真顔でそう言ったため、他の3人も興味津々な面持ちで彼を急かした。

「いいから、早く話せよ」




「あのな・・・

1階のフロントで部屋のカギを貰って来るの忘れてきた・・」
2011-08-12 : 都市伝説・その他 : コメント : 16 : トラックバック : 0
Pagetop

04/08のツイートまとめ

toshiidensetu

とある女子高生が、両親が一泊旅行にいくとのことで愛犬と留守番することになった。各部屋の戸締まりはしっかりしていたが、一つだけ鍵が壊れてしまっている窓があった。・・・・人間だって・・・ http://t.co/IiS5x1b
04-08 00:17

踊る男 http://t.co/HoCazUf
04-08 00:16

地震兵器 http://t.co/ENlXsT1
04-08 00:15

皆さんは「怪人アンサー」をご存じだろうか? 怪人アンサー http://t.co/TVXf54a
04-08 00:04

2011-04-09 : 都市伝説・その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

地震兵器

地震に関して、ある恐ろしい企てが隠されているという都市伝説がある。


それは人為的に起こされた地震があるという話である。


以前、旧ソ連が「地震兵器」を開発しており、ソ連崩壊と共にその地震兵器の研究資料がどうなったのか解からなくなってしまった。

過去人為的に起こされたといわれている地震がいくつかあり、人為的に起こされた地震には特有の共通するサインがあると言う。


サンフランシスコ大地震(1989年10月17日)
ロサンゼルス大地震(1994年1月17日)
阪神大震災(1995年1月17日)
パキスタン大地震(2005年10月8日)


サンフランシスコ大震災(1+0+1+7=18)
ロサンゼルス大震災(1+1+7=18)
阪神淡路大震災(1+1+7=18)
パキスタン大震災(10+8=18)


それは、月日を足したり組み替えたりすると、何故か「18」という数値になるというサインである。

さらに、悪魔の数字「666」を足すと同じように「18」になり、アメリカが湾岸戦争を始めたのも1月17日で、同じように「18」になる。


これらは果たして偶然なのだろうか?
2011-03-03 : 都市伝説・その他 : コメント : 33 : トラックバック : 0
Pagetop

 人それぞれ食べ物の好みが違うように、蚊にも個体ごとに好みの血液型があり、それに従って血を吸う相手を選んでいるという。




******
確かに蚊にさされやすい血液型もあるという説も有名であるのであながちありそうな話である。。
2009-05-19 : 都市伝説・その他 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

スプーの絵描き歌

 N○Kおかあさんといっしょの歌のお姉さんが書いたスプーの似顔絵がものすごく怖かったという。

都市伝説ではなく実話であるが、そのため子供がこの似顔絵を見て吐き気をしたり幼稚園の指導に悪影響をおよぼしたとされている。



******
youtubeなどの動画サイトでスプーの絵描き歌と検索すると見れます。

2009-05-19 : 都市伝説・その他 : コメント : 14 : トラックバック : 0
Pagetop

寝たら牛になる

「食べてすぐ寝たら牛になる」という言葉がある。
実はこれは、過去にあった悲惨な事件から生まれた言葉なのだという。

第一次世界大戦中ある村の話。
その村は牛を飼っており、牛を食べるとその牛の頭の骨を祠に祭る風習があった。

戦争中、次第に食料がなくなり、村人たちは飢えに苦しんだ。


村人は肉を食べて飢えに耐えた。

しかしその肉は牛の皮をかぶせた村の人間の肉だったのである。

村人たちは
「これは牛の肉だ」
と思いこんで食べていた。

夜、一番最初に寝た人が犠牲になり食べられていたのだという。

これが元になり、寝たら牛(肉)になるという言葉が生まれたという。

ちなみにその村は廃村として今もどこかに残っているらしい。
2008-04-29 : 都市伝説・その他 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

auの由来

現在のauは元々セルラーという名前の携帯電話会社。
そのセルラーが社名を変更して、現在のauという誰もが知っている企業名になった。

このauというアルファベット。
昔のCMでaとuが合わさって卵の形をしていたことがある。
これは、金の卵になるという意味が込められているという。


さらに、auのケータイには、WINというものがあり、この『WIN』に込められた意味は、
ケータイ業界でドコモを抜いてトップになる、ドコモに勝つ(=WIN)という意味とケータイのシェアの三分の二を占めるという宣言が込められているという。

『WIN』という文字を『W』が下に来るように横にしてみると、2/3という数字が浮かび上がってくる。
2008-04-26 : 都市伝説・その他 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

蛇口からポンジュース

愛媛県では、水道の蛇口のひねるところが3つあり、
青い蛇口は水、
赤い蛇口はお湯、
オレンジの蛇口はポンジュースが出ると言う。


******
特産物ならではの都市伝説である。
実際にはそのような蛇口は存在しないそうだが、製造・販売元であるえひめ飲料ではポンジュース蛇口(の形をしたストラップ)プレゼントのキャンペーンを行なった事がある。
バリエーションとして、香川県にはうどんが出てくる蛇口がある、という話もある。ちなみに、京都府宇治市の小学校ではお茶(宇治茶)の出てくる蛇口が実在する。
2008-04-02 : 都市伝説・その他 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »
カスタム検索

プロフィール

toshidensetu

Author:toshidensetu
都市伝説をお楽しみください。

公式ツイッターはじめました。
@toshidensetu 
フォロー宜しくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。